歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは1級、目指せ将棋アマ初段!

【将棋x読書】困難な結婚(内田樹)

困難な結婚(内田樹)を読んだ。印象に残った部分。

武道では、「敵が襲ってきて、自分の心身の自由を損ない、可動域を制約する」という形で初期条件を設定します。

これがとりあえず私たちに与えられた「どうしていいか分からない状況」です。

相手が切ってくる、突いてくる、つかんでくる、そういう状況でも、私たちにはかなりの運動の自由が残されており、動きの選択肢が残されています。

それが「まだ残された価値あるもの」です。

それが残されたことにまず感謝し、それを最大限に活用して、その場から新しいものを作り上げてゆく。

それが武道的な動きということです。

 

将棋にもそのまま当てはまるな、と感じた。