読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。目指せ将棋アマ初段! たまにグルメ・料理ネタ。

【将棋x旅行】神戸に一泊旅行、神戸将棋センターには寄れず

将棋ウォーズは1級(達成率10%台)のまま停滞しているということもあり、パートナーが友人に会うにいくのに便乗して、神戸に一泊旅行してきた。

f:id:kurakuen:20170417093933j:plain

異人館神戸市街を散策したのだが、日々将棋のこと考えていると街を歩いていても無意識に将棋センサーが働き、数ある看板から「将棋」と書いてあるものを選び出す能力を発揮できる。

f:id:kurakuen:20170417094406j:plain

神戸将棋センターと書いてあった。

f:id:kurakuen:20170417094744j:plain

2時間制だと少し安くなりそうだったので、半分冗談(半分本気)でパートナーに2時間だけ対局してきて良いか(その間お茶でも飲んでいれば)と打診したところ、即時却下された(わざわざ旅先で将棋やることないんじゃない?とパートナーの顔に書いてあった)。いえいえ、将棋はただのゲームじゃなく日本を代表する文化で、美しい棋譜は芸術の域に達しているんだよと諭そうとしたが、アウェイの地で将棋でもめるとホームに帰ってからも尾をひきそうなので、ここは素直に従うことにした。

中華街である南京町は活気にあふれていて、中央の広場では人々が座ってビール片手に餃子や小籠包を口にしている。あぁこんなところで青空将棋ができたらいいなぁとまだ将棋から頭が離れないまま、天気も良いということで神戸三宮から阪急電車に乗って西宮の夙川(しゅくがわ。駅名であり、実際に夙川という川が流れている)というところにいった。

関西では有名らしいのだが、この夙川沿いは桜の名所だ。この日は花見のピークは過ぎていたが、花見には十分な桜が咲いていた。夙川駅構内にある成城石井でビールと小籠包を買って夙川の遊歩道に繰り出した。

f:id:kurakuen:20170417101216j:plain

ひさびさに将棋ウォーズのことも三間飛車の定跡のことも忘れ、桜の美しさを堪能したのだった。さあ東京に帰ったら将棋ウォーズだ(笑)。