歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段、目指せ将棋アマ二段!

【将棋x大会】第五回 tvkハウジングプラザ横浜将棋まつり(青空将棋大会)に参加、三勝賞ならず

第五回 tvkハウジングプラザ横浜将棋まつりで青空将棋大会に参加してきた。級位者のわたしはB級での参加。しかし、2勝2敗で三勝賞ならず、残念。

当日は天気もよく、昨年一昨年ほどの暑さもなく(それでもずっと野外にいると暑くなってきた)、まさに青空将棋日和だった。この大会で注意するべきは参加者がA級50名、B級50名と人数制限があることだ。受付開始は午前10時なのだがその時間に合わせていくとすでに受付希望者が長蛇の列をなしていて、人数オーバーで参加できない。というわけで午前9時15分ごろ、会場に到着。なんとすでに20名ほどが並んでいて驚いた。しばらくすると整理券を兼ねてか「B級」の名札が配られる。「B級」の名札をつけてハウジングプラザ内を歩いたのだが、ちょっと恥ずかしい。

f:id:kurakuen:20170504190206j:plain

写真は、青空将棋大会が終わってから見た森内俊之九段と三浦弘行九段の対局。中村修九段と女流プロの藤田綾二段が大盤解説をつとめる。森内九段の先手。初手は7六角。ここまでは私の棋譜と同じ。

さて、わたしの戦績といえば、2勝2敗のイーブンで3勝賞には届かず。

1局目 〇 アラフィフおじさん 序盤から主導権をにぎって勝利

2局目 〇 小学生5~6年 相手のミスもありつつ相矢倉の戦いを制す

3局目 ✖  アラ還おじさん ゴキゲン中飛車にやられる

4局目 ✖ 小学生3~4年 相矢倉の戦いを制される

 

2連勝したときは4勝賞もいけるかに思われたのだが、終わってみれば2勝2敗のタイ。来年こそは段位者のクラス(A級)に出場、そして1勝はしたい。

行き帰りの電車の中、会場での待ち時間では当然、将棋ウォーズで対戦。1級達成率は44.4%まで上昇した。