歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【将棋ウォーズ】ふと通算成績をみたら3886試合を戦っていた、まるまる2カ月間を将棋ウォーズに捧げた計算だ

将棋ウォーズで通算成績をふと見たら3886試合を戦っていた。1748勝1938敗である。これまでどのくらいの時間を将棋ウォーズに費やしただろうか。10分切れ負けモードで対戦しているので相手と合わせて所要時間が1局15分程度だったとしても、3886 x 15分 = 58290分 = 971.5時間 = 40.5日だ。えっ! 40日あまりも将棋ウォーズで対戦しているのか。もし8時間睡眠時間をとるとしたら、60日、つまり2カ月間も将棋ウォーズをやり続けている計算になる。よくこれだけ飽きずに続けられたものだ。

ところで、誰もが一度は、もし自分にありあまるお金があったらどうするだろうか、と考えたことがあるだろう。いわゆる「もし大富豪だったら」だ。高級レストランと見紛うダイニング、これでもかと広いリビングルーム、3つあるベッドルーム、図書館のように蔵書が多くある書斎。プール付きの庭。そしてお手伝いさん、いや、専属の秘書やシェフが常駐しているシーンを想像してしまう。ただ、もしそんな環境に身を置けるような状況になったら、毎日専属のシェフが高級レストランのようなコース料理を作ってくれても、意外にすぐに飽きてしまうのではないだろうか。

その点、将棋(ならびに将棋ウォーズ)はすごい。2カ月間もぶっ通しでやり続けているのに飽きないのだ。このブログを書いている先から将棋ウォーズがやりたくなってくる。この先、もし何かの間違いで大富豪になってもだ、高級レストランと見紛うダイニングで枝豆をつまみながらビールを飲み、3つあるベッドルームのひとつでベッドに寝ころびながら将棋ウォーズをやるのだろう。

せめてそのころには初段になっていたいものだ。