歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【将棋xランチ】三浦三崎マグロ将棋大会に参加するなら「漁火亭」でランチがおすすめ

今年(2018年)の三浦三崎マグロ争奪将棋大会には仕事の関係で参加できそうにない。非常に残念だ。

今年は2018年12月2日(日)に開催される。例年のように賞品が豪華なだけに参加したいところなのだが。負けてもお楽しみ賞(マグロ)狙いができる。

参加者全員に参加賞を贈呈、A・B・C各部門の上位入賞者にはマグロブロックを贈呈(A級の優勝者にはマグロ1本分を贈呈)準優勝以下の入賞はA・B・C各部門の10位までとする。小学生の部、レディースの部は上位入賞者とする。
入賞しなかった方で3勝以上した方は3勝賞を贈呈。
三浦市長賞、三浦市議会議長賞、三浦商工会議所会頭賞、三浦観光協会賞他賞杯多数。また、3勝賞以上の賞をもらえなかった方の中から抽選でお楽しみ賞(鮪やダイコン)を用意しております。

自分は参加できそうにないのだが、今年参加される方のために、ランチ情報を載せておこう。最新の情報ではない(2年前の情報)が、参考にしてもらえれば。

まず、この三浦三崎マグロ争奪将棋大会では、昼食が提供される。おにぎり、マグロの漬け、マグロとわかめの味噌汁である(今年もおそらく)。これだけで十分おいしい昼ご飯になるわけだが、もし2敗してあとは帰るだけとなった場合、おにぎりはその場で食べずに持ち帰り、三浦海岸駅ちかくのお店でランチをするというのも一局である。マグロの漬け、マグロのわかめの味噌汁はその食事場で食べないといけないが、おにぎりは必ずしもその場で食べなくてもよい(その建物の庭で食べている人も多かった)。おにぎりのみを持ち帰りするとき、昼食券を半分に切ってくれて、残りの半分の昼食券があればマグロの漬け、マグロのわかめの味噌汁を後からでも(食事場がオープンしているかぎり)引き替えてくれる仕組みだ(今年も多分)。

ではどこでランチするのが良いのか。おすすめは会場から数分ほど歩いたところにある「漁火亭」だ。2年前のわたしは刺身定食(850円。マグロ、鯖、鯛、あとは白身の地魚?のようだ)か、金目鯛煮付け定食(1200円)か、さんざん迷った挙句、金目鯛煮付け定食をチョイス。サザエご飯(+50円)も人気らしいが、普通のご飯にしておいた。日曜日も営業しているようなので、将棋大会の日も営業しているのではないかと思う(実際に行かれるときはご自身でご確認を! 値段は2年前の情報です)。

kurakuen.hatenablog.com