歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【定跡】横歩取りを学ぶ(△3三角型)

飛車の横歩取りに対して、後手の最有力手は△3三角である。この形をみていこう。

ここで先手の対応としては、▲3六飛車と引くのか、青野流を目指して▲5八玉とするのか、2パターンがある。

パターン1: ▲3六飛

ここで先手の自然な手は、▲3六飛とひく一手である。▲3六飛のあとは△8四飛▲2六飛△2二銀▲8七歩からの△5二玉の流れが自然である。

この場面で先手は▲5八玉、▲6八玉、▲7七角の3つの手が有力だ。ここでそれぞれの定跡を学ぶのも勉強になるのだが、あまりパターンを増やしても覚えきれない。というわけで自分としては▲5八玉の手を学ぼうと思う。

玉が真ん中でバランスも素敵だ。その後、△7二銀▲3八金と進む。

とりあえずここまでを覚えよう。ただ、後手が△7二銀(→▲3八金)と進めずにいきなり飛車交換を挑んでくる場合もあるようで、これだから定跡というものは困ったものである。

 

パターン2: ▲5八玉

▲5八玉として青野流を目指す形だ。

 

kurakuen.hatenablog.com