歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段。目指せアマ二段!

【将棋ウォーズ】初段の達成率は10%前後を推移、あらためて棋力レーダーチャートをみてみる

将棋ウォーズでの初段達成率は10%前後を推移している(今日時点で12.5%)。あらためて棋力レーダーチャートをみてみた。

f:id:kurakuen:20201205225816j:plain

総合点は13.5。守備力が3.0に達しているが、戦術力があろうことか1.3になっている。1.3ってヒドイ…。棋力レーダーチャートは六角形になるはずなのだが、戦術力が低すぎることによって野球のホームベースのように五角形になってしまっている。戦術のバリエーションを増やすべきなのだろうか。戦術といえば、将棋ウォーズで「得意戦法」の欄に、これまで定跡の勉強を全くやったことのない米長流急戦矢倉が表示されている。しかも1.36段のランクだ。いままで全く勉強をしていない戦法が得意戦法になっているって、考え方によってはすごいことなのでは? 米長流急戦矢倉をちゃんと学んでみようかという気になった。

それはそうと、ご存じ12月最初の日曜日(今年は12月6日予定だった)といえば「三浦三崎マグロ争奪将棋大会」。しかし、新型コロナウイルス感染症が収束していない状況のため開催中止。

三浦市/第44回三浦三崎マグロ争奪将棋大会の開催中止について

例年、5月の小田原、7月の平塚、11月の朝日アマ名人(予選)、12月の三崎まぐろはなるべく参加していたのだが、今年はその4大会も含めてリアルな将棋大会に一度も参加できなかった。来年はコロナが収束し、大会が開催されることを祈るばかりだ。それまではステイホームで将棋ウォーズだ!(収束しても将棋ウォーズはやり続けるが)

【定跡】横歩取りでおさえておきたい△4五角戦法(続き)

横歩取りでおさえておきたい△4五角戦法について、以前書いた。

【定跡】横歩取りでおさえておきたい△4五角戦法 - 歩ぞろいの手駒たち

f:id:kurakuen:20201129115731p:plain

その記事では、上のような局面のときに「ここから、△8八飛成(ほんとにこうくるか?)、▲同角、△2四歩、▲1一角成、△3三桂、▲3六香となる」と書いたが、将棋ウォーズの対局相手(1級)も△8八飛成と指してきたのである。アツい!

f:id:kurakuen:20201129120547j:plain(先手・私)

その後も「▲同角、△2四歩、▲1一角成、△3三桂」と定跡どおり進んだ。初段と1級の対局とは思えないレベルの高さ。

f:id:kurakuen:20201129121446j:plain

ここで私が▲3六香と指せば文字通り定跡どおり。相手の方との美しい共同作業が完成したはずだったのだが、定跡の▲3六香を忘れてしまっていて、何を思ったか私は▲8五飛打。相手の角と桂の両取り気分(実際には角には桂が利いていた…)。

f:id:kurakuen:20201129122208j:plain

音楽の発表会でいえば、感動的な演奏が続き、最後のシンバルを景気よく鳴らせば演奏が終了するというまさにその瞬間、肩に力が入りすぎて左右のシンバルがずれて「ガチャ」という変な音が出て演奏が終わってしまったときのようだった。

ここで相手が考えすぎて、最終的には勝利(相手の時間切れ)を収めたのだが、本来であれば▲3六香と指したかった。そして相手が次のどのような手を指すのか見てみたかった。

  • △6六銀
  • △8七銀
  • △3六同角

次の機会には忘れないようにしたい。

【将棋ウォーズ】初段に返り咲いたのは良いが、達成率があっという間に5%に急降下

10月下旬に将棋ウォーズで初段に返り咲いた。しかし、初段の達成率があっという間に5%に急降下してしまった。

f:id:kurakuen:20201107223645j:plain

 

例えば2級の方との対局。

f:id:kurakuen:20201107225828j:plain(私・後手)

f:id:kurakuen:20201107225854j:plain

圧倒的な敗勢だったが、時間切れでかろうじて勝利。こんな将棋を繰り返していては、達成率が下がっても仕方がない。なんとか初段に踏みとどまって、まずはせめて達成率10%台に持っていこう。

 

 

 

【将棋ウォーズ】将棋ウォーズ初段に返り咲き

今年の8月1日に1級に降級してしまった将棋ウォーズ

【将棋ウォーズ】2020年夏、将棋ウォーズでまさかの1級に降格 - 歩ぞろいの手駒たち

だったが、秋も深まってきた10月23日、初段に返り咲いた。一時期は達成率40%とかで低迷していたこともあり、喜びも大きい。

f:id:kurakuen:20201025175918p:plain

昇段を決めた対局は大激戦。

f:id:kurakuen:20201025180713j:plain

最後は相手の時間切れで勝利となった。

f:id:kurakuen:20201025180512p:plain(私)


次は二段を目指してがんばっていこう。

 

 

【読書】盤上の向日葵(上)を読み始める。下巻は先手▲と後手△が逆の誤植があるらしい

柚月裕子「盤上の向日葵」の文庫本(上巻のみ)を買って読み始めた。学生のころ、テストの前になると小説が読みたい気分になるのと同様に、将棋ウォーズで勝てなくなると小説が読みたい気分になるのだ。

f:id:kurakuen:20201010101127j:plain

ミステリー小説で、まだ序章しか読んでいないが、若き天才棋士と実業界から転身した東大卒エリート棋士とのタイトル戦が天童市で開催されるシーンから始まっていて、先が楽しみな展開だ。

あっという間に読み終わりそうなので、下巻も注文しようかなと思っていた矢先、下巻は先手▲と後手△が逆の誤植があるとのニュースがあった。

中公文庫「盤上の向日葵」に大量誤植 先手と後手が逆:朝日新聞デジタル

そこ間違えるかなー、というちょっぴり残念なニュースではあるが、誤植には関係なく「盤上の向日葵」下巻も買うことになるだろう。

 

女流の新棋戦「ヒューリック杯 白玲戦・女流順位戦」が創設された。とても楽しみだ。

女流新棋戦「ヒューリック杯 白玲(はくれい)戦・女流順位戦」が創設された。

第1期 ヒューリック杯 白玲戦・女流順位戦は、順位決定リーグ戦と順位決定トーナメント戦にて女流棋士の順位を決定します。そして、順位決定トーナメント戦の1位・2位決定戦を七番勝負で行い、第1期白玲を決定します。優勝賞金は女流タイトル戦最高額の1500万円です。(日本将棋連盟

「玲」とは、手元の旺文社国語辞典によれば「すきとおるように明るく美しいさま」とのこと。盛り上がること間違いなく、とても楽しみだ。

女流棋界にはヒューリック杯清麗戦、マイナビ女子オープンリコー杯女流王座戦岡田美術館杯女流名人戦女流王位戦霧島酒造杯女流王将戦大山名人杯倉敷藤花戦の7つのタイトル戦があるが、今回の「白玲戦」が加わり、8大タイトル戦となる。(スポーツ報知)

そのような格式ある棋戦と較べるのはどうかと思うのだが、わたしも7つの一人棋戦というのを考えたことがある。将棋ウォーズをだらだらやってしまう対策として、棋戦という形をとって集中してネット対局に挑もうということで始めた。

【将棋ウォーズ】負けると勝つまでやりたくなる将棋ウォーズ、対策は7つの「(一人)棋戦」 - 歩ぞろいの手駒たち

この記事の繰り返しになってしまうが、7つの「(一人)棋戦」とは、

  • 朝将戦
  • 陽将戦
  • 夜将戦
  • 勤王戦(往路/復路)
  • 湯王戦
  • 旅王戦
  • 街座戦

である。

朝将戦

起きてしばらくして開催される棋戦。起きてから40分以上過ぎてから(できれば軽くジョギングしてから)対局開始する(=脳がある程度活性化するのを待ってから開始する)。基本的には自宅の特別対局室で開催。

陽将戦

休みの日などの昼間に、基本的には自宅の特別対局室で開催。

夜将戦

夜に、基本的に自宅の特別対局室で開催。ノンアルコール状態であることが条件。布団に寝ころびながらはやらない。

勤王戦(往路/復路)

通勤時間に電車の中で対局。往路の部と復路の部がある。1日の上限はそれぞれ1対局。

湯王戦

言わずと知れた湯王戦。お風呂上りに実施。温泉や銭湯が基本だが自分の家のお風呂上りも有り。当然ながらノンアルコール状態であることが条件。

旅王戦

旅先で開催される棋戦。

街座戦

街のベンチで座りながら開催される棋戦。

 

われながら暇なことを考えるものである。いつの間にか止めてしまっていたが、また機をみて始めてみよう。もう一つ棋戦を考えて、8大タイトルにしたいところだ。

 

さて、女流といえば山口恵梨子女流。

 ツイッターに「今日は記録です。普及活動、対局、勉強、記録の4つの時間配分がとても難しい」とあった。その気持ち(レベルは違えども)共感する。私も最近、①仕事、②ネット対局、③定跡の勉強、④オンライン観戦の4つの時間配分がとても難しいと感じている。あれ、仕事以外の3つはすべて将棋じゃないか…。

 

【将棋ウォーズ】1級達成率が急降下41%に。しかも6600敗。定跡を学ぼう。学べば学んだだけ応えてくれる

将棋ウォーズの1級達成率が最近は50%を切ってしまい41%になった。しかも(4742勝)6600敗。

f:id:kurakuen:20201004231513j:plain

つい将棋ウォーズをだらだらとやってしまい、負けが込む。こういうときは定跡を学ぼう。漫画『孤独のグルメ』に

納豆は混ぜれば混ぜただけ応えてくれる

というセリフがある。将棋の定跡を学ぶにあたってこの名言を心に留めたい。そう「定跡は学べば学んだだけ応えてくれる」のだ。