歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【将棋ウォーズ】初段再昇段に壁、棋力レーダーチャートをみてみる

今年(2018年)8月に将棋ウォーズ1級に降級して以来、将棋ウォーズの成績が芳しくない。1級の達成率は27.8%である。まさかの2級降格まではまだ余裕があるものの、このままでは初段再昇段がいつになるか分からない。
そもそもだ、2017年1月の段階で1級達成率18%をマークしていたのに、それから1年半たっても(一度は初段に昇段したものの)1級達成率27.8%である。成長曲線がほぼ横ばいだ。

1級 勝率 達成率
2017.1 922 798 .536 18.0%
2018.11 2767 3759 .423 27.8%

勝率が落ちているのは、やや強い相手を対局相手にする設定にしてあるから、ということもある。
将棋ウォーズには、棋力を分析する「棋力レーダーチャート」というものがある。攻撃力、守備力、芸術力、早指力、戦術力、終盤力の6つの力をチャートにプロットして棋力のバランスを見るのである。
f:id:kurakuen:20181110222518p:plain
達成率が伸びないとき、この棋力レーダーチャートを見て自らの実力を客観的にみるのである。さっそく昨年1月のものと比較しながら見てみよう。

* 総合力 攻撃力 守備力 芸術力 早指力 戦術力 終盤力
2017.1 12.4 1.7 2.9 2.6 2.1 1.2 2.0
2018.11 14.4 2.0 2.9 3.1 2.4 1.9 2.0
総合力

達成率はあまり伸びていないのだが、総合力は12.4から14.4と2ポイントも増えている。

攻撃力

私は自称「鳩の森のイナズマ」なので、当然ながら攻撃力があると思っていたのだが、意外と低い。「烏森の酔象」といったほうが合っているかもしれない。ちなみに、鳩森八幡神社千駄ヶ谷将棋会館のすぐ近くにあり、烏森神社はサラリーマンの聖地である新橋にある。

守備力

守備力は、自分なりの高レベルをキープ。

芸術力

特筆すべきは芸術力である。もともと高めの2.6ポイントだったが、今回はなんと3.1ポイントまで上がった。レーダーチャートの画面ショットでも、芸術力のところの「3.1」ポイントは目立つ色で表示されている。そもそも芸術力とは何なのか、と疑問に思った方は下記を参照してほしい。
kurakuen.hatenablog.com

早指力

0.3ポイントアップ。わずかながら上達した。

戦術力

もともと低レベルなのだが、今回0.7ポイントアップ。四間飛車を組み合わせて対局していることが効いたのか??

終盤力

低いまま変わらず。この1年は詰将棋を全くやっていないからか?

というわけで、攻撃力で牙をむく「鳩の森のイナズマ」というよりは、守備力と芸術力が持ち味ということになる。守備力と芸術力の組み合わせ、、うーん、どうもイメージできない。攻撃力と芸術力という組み合わせはイメージしやすいのだが。例えば今日、川崎フロンターレがJリーグ連覇したが、攻撃力といえば川崎フロンターレのようなサッカーだ。芸術力で思い起こすのは中村俊輔選手(ジュビロ磐田、元日本代表)のフリーキックだ。攻撃力と芸術力という組み合わせは、つまり、川崎フロンターレ中村俊輔選手が移籍して良い相互作用を及ぼすことである。波状攻撃をしかけながら、フリーキックを得て、中村俊輔選手の華麗なフリーキックでゴールネットを揺らす。そんなイメージだ。一方、わたしの棋力レーダーチャートの長所である、守備力と芸術力… 強引にイメージするならば、中村俊輔選手がフリーキックで蹴ったボールがきれいな放物線を描いてゴール片隅に入ろうとするところを、ゴールキーパーも同様にきれいな放物線を描いて飛びながら(=芸術力)、ボールを指先で弾く(=守備力)、といったイメージだろうか。
いずれにせよ、今年中には初段に再昇段しよう。将棋ウォーズ1級のまま停滞しているせいで忘れそうになってしまったが、最終的な目標は将棋ウォーズ四段なのだ。

【孤独のグルメ】西荻窪の焼き鳥ゾーンではなく「海南チキンライス 夢飯」へ

西荻窪の「海南チキンライス 夢飯」にチキンライスを食べにいった。漫画「孤独のグルメ」風にノンアルコールで。

西荻窪は南口がディープでアツい、焼き鳥屋ゾーンである。西荻窪で用事をこなした後、ビールを飲みながら焼き鳥でも食べようかと思って南口ゾーンを歩いていた。目当ての焼き鳥屋が二軒あったのだが両方とも満席。適当に入ろうかと思っても、お客が全く入っていない焼き鳥屋も多い。焼き鳥屋が二極化している。空席の多い店に入るのも賭けなので、どうしようかなぁと考えていた。さらに食事後に帰りの電車で将棋ウォーズがやろうと思い立って、いつもだったらビールを飲んだあとでも将棋ウォーズをやるのだが、このときは3連勝していたのでビールを飲んでから対局して連勝が止まってしまったらもったいない、と考えた。

というわけで南口の焼き鳥屋ゾーンを後にし、北口に向かった。「海南チキンライス 夢飯」に入店したのである。

f:id:kurakuen:20181109233113j:plain

 チキンライス(大)を注文。ゆでたチキンがめちゃくちゃ美味しい。タレが3種類あるのがまたうれしい。特にチリがほどよく辛く、好みの味だった。チキンライス以外にもさまざまなシンガポール料理がメニューにあった。西荻窪にはなかなか来る機会がないのだが、このお店にはまたいつか来たい。

そして、将棋ウォーズでは4連勝を達成。ノンアルコール効果であった。

 

kurakuen.hatenablog.com

【将棋xランチ】三浦三崎マグロ将棋大会に参加するなら「漁火亭」でランチがおすすめ

今年(2018年)の三浦三崎マグロ争奪将棋大会には仕事の関係で参加できそうにない。非常に残念だ。

今年は2018年12月2日(日)に開催される。例年のように賞品が豪華なだけに参加したいところなのだが。負けてもお楽しみ賞(マグロ)狙いができる。

参加者全員に参加賞を贈呈、A・B・C各部門の上位入賞者にはマグロブロックを贈呈(A級の優勝者にはマグロ1本分を贈呈)準優勝以下の入賞はA・B・C各部門の10位までとする。小学生の部、レディースの部は上位入賞者とする。
入賞しなかった方で3勝以上した方は3勝賞を贈呈。
三浦市長賞、三浦市議会議長賞、三浦商工会議所会頭賞、三浦観光協会賞他賞杯多数。また、3勝賞以上の賞をもらえなかった方の中から抽選でお楽しみ賞(鮪やダイコン)を用意しております。

自分は参加できそうにないのだが、今年参加される方のために、ランチ情報を載せておこう。最新の情報ではない(2年前の情報)が、参考にしてもらえれば。

まず、この三浦三崎マグロ争奪将棋大会では、昼食が提供される。おにぎり、マグロの漬け、マグロとわかめの味噌汁である(今年もおそらく)。これだけで十分おいしい昼ご飯になるわけだが、もし2敗してあとは帰るだけとなった場合、おにぎりはその場で食べずに持ち帰り、三浦海岸駅ちかくのお店でランチをするというのも一局である。マグロの漬け、マグロのわかめの味噌汁はその食事場で食べないといけないが、おにぎりは必ずしもその場で食べなくてもよい(その建物の庭で食べている人も多かった)。おにぎりのみを持ち帰りするとき、昼食券を半分に切ってくれて、残りの半分の昼食券があればマグロの漬け、マグロのわかめの味噌汁を後からでも(食事場がオープンしているかぎり)引き替えてくれる仕組みだ(今年も多分)。

ではどこでランチするのが良いのか。おすすめは会場から数分ほど歩いたところにある「漁火亭」だ。2年前のわたしは刺身定食(850円。マグロ、鯖、鯛、あとは白身の地魚?のようだ)か、金目鯛煮付け定食(1200円)か、さんざん迷った挙句、金目鯛煮付け定食をチョイス。サザエご飯(+50円)も人気らしいが、普通のご飯にしておいた。日曜日も営業しているようなので、将棋大会の日も営業しているのではないかと思う(実際に行かれるときはご自身でご確認を! 値段は2年前の情報です)。

kurakuen.hatenablog.com

 

 

【将棋x旅行】奈良の興福寺にいく

奈良の興福寺に行ってきた。

興福寺と言えば、五重塔が有名である。最近は中金堂が復元された。また、今年の将棋名人戦(第76期)は、この興福寺で第3局がおこなわれ、羽生竜王が佐藤天名人を111手で破り2勝目を挙げた。

さらに忘れてならないのは、興福寺の旧境内の発掘調査で国内最古のものと考えられる将棋の駒が出土されていることである。今の将棋にはない駒「酔象(すいぞう)」という駒もみつかっている。

酔象は真後に動けないだけで、ほかのどの方向にも1マス進める。酔象は成ると「太子」となる。太子はどの方向にも1マス進める。つまり太子は王将と同じ動きになるのである。玉将が取られても太子があると負けにはならず、その太子が取られるまで対局は続けることができた。今では考えられないルールだ。対局時間がとても長くなりそうだ。奈良時代に将棋を始めても終わるのは平安時代なんてことも起こりそう(起こるわけない)だが、1300年前は今よりもずっと時間がゆっくり流れていたのだろう。

さてそんな興福寺である。将棋ファン、将棋ウォーズファンの端くれとして、行かないという選択肢があろうか。ない。そんなわけで、秋の奈良に足を向けたのであった。

近鉄奈良駅を降りて道を歩いていくと、出迎えてくれたのは、奈良仕様のコカ・コーラ

f:id:kurakuen:20181103093721j:plain

ラベルに鹿や五重塔がプリントしてある。コカ・コーラ社が奈良バージョンを売り出せば観光客に売れそうだと考えて販売したのだろうか。ラベルに「ORIGINAL TASTE」と書いている。コカ・コーラがほかの飲料に比べてオリジナルなのか、それともこの奈良バージョンはほかのコカ・コーラと少し違うテイストなのか、いずれにしても売り切れのランプが点灯している。大人気なのだろう。おそるべし奈良。

ランチを「天ぷら まきの」で食す。天丼ボリューミーで美味過ぎ。でもビールは控えた。自販機でコカ・コーラの奈良バージョンをみて、一番搾りの「横浜づくり」を思い出してしまったがビールは控えた。これから興福寺に行くのだ。自ら酔象になってはいけない(笑)。

(つづく)

 

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

また将棋ウォーズをだらだらとやってしまう日が増えてきた。休みの日は15局はやってしまう。このままではいけないと思い、本棚にある偉人の名言集を手に取ってみた。たとえばスティーブ・ジョブズはこう言っている。
「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

その問いに対する私の答えは…
はい、自分のやりたいことです。きっと将棋ウォーズをやっていると思います。ただし、もう少し真剣にやっていると思います。

 

偉人の名言も、将棋ウォーズの面白さを前に、心に響かなかったのだった。

 

【将棋ウォーズ】負けると勝つまでやりたくなる将棋ウォーズ、対策は7つの「(一人)棋戦」

負けると勝つまでやりたくなる将棋ウォーズ、おそるべきネットゲームだ。

朝日新聞に「藤井総太のいる時代」という連載があるのだが、その修行編⑩に「将棋倶楽部24」に関して次のようなくだりがあった。

このサイトではトップクラスの強さになっていた総太だったが、三段リーグ戦が開幕する頃にはネット対局をやめていた。

「ネットで対局すると、点数を気にしすぎてしまう。負けた後、『勝つまでやめないぞ』と思って指し続け、150点ほど下げたこともあった。もう少し落ち着いて将棋に取り組んだ方がいいかな、と思った」

負けず嫌いな一面を持つ一方、中学生にして既に、自らを見つめるまなざしは冷静だった。

 中学生にしてこの冷静さ。それにひきかえ私は、負けると勝つまでやろうとして7連敗。情けない。

f:id:kurakuen:20180923102803p:plain

 1級の達成率も31.0%まで下がってしまった。これではさらに2級に降格してもおかしくないじゃないか。7月には(初段だったので)「もうすぐ二段になれるかなー。最終目標は四段です」と呑気に思っていたころが懐かしい。それにしても2636勝3537敗って、勝率がわるいのはさておき、対局やり過ぎだ(6173局!)。しかも漫然とやり過ぎだ。藤井総太さんの言葉を借りれば「もう少し落ち着いて将棋に取り組んだ方がいい」だろう。

そんなわけで対策を考えてみた。

「(一人)棋戦」である。

どういうことか。私はすでに「湯王戦」という「(一人)棋戦」を始めている(寂しい趣味だ、という指摘はスルー…)。

kurakuen.hatenablog.com

 この「湯王戦」をやるときは集中して将棋ウォーズに取り組む。勝率も5割以上だ(漫然と将棋ウォーズするときは勝率 .427)。湯上りということで脳の状態も(自分比で)良いのだろう。ということはだ、「湯王戦」だけやれば勝率が5割以上になり、おのずと昇段できると思われる。ただ「湯王戦」はお風呂上りにだけ開催されるので、そういつもできるわけではない。なので考えた。棋戦をいくつも作ればいいのでは?(ナイスアイディア! 寂しい趣味だ、という指摘はスルー…)

ということで7つの「(一人)棋戦」を考えてみた。

  • 朝将戦
  • 陽将戦
  • 夜将戦
  • 勤王戦(往路/復路)
  • 湯王戦
  • 旅王戦
  • 街座戦

この7つである。

朝将戦

起きてしばらくして開催される棋戦。起きてから40分以上過ぎてから(できれば軽くジョギングしてから)対局開始する(=脳がある程度活性化するのを待ってから開始する)。基本的には自宅の特別対局室で開催。

陽将戦

休みの日などの昼間に、基本的には自宅の特別対局室で開催。

夜将戦

夜に、基本的に自宅の特別対局室で開催。ノンアルコール状態であることが条件。布団に寝ころびながらはやらない。

勤王戦(往路/復路)

通勤時間に電車の中で対局。往路の部と復路の部がある。1日の上限はそれぞれ1対局。

湯王戦

言わずと知れた湯王戦。お風呂上りに実施。温泉や銭湯が基本だが自分の家のお風呂上りも有り。当然ながらノンアルコール状態であることが条件。

旅王戦

旅先で開催される棋戦。

街座戦

街のベンチで座りながら開催される棋戦。

 

という7つの棋戦を考えた。将棋ウォーズを漫然にやるのではなく、必ずこの棋戦のどれかで対局する。1日の対局上限は4対局としよう。

 

不思議なもので、7つの棋戦を考えただけで何だか昇段しそうな予感がしてきた。やったるで~。きっと7冠も夢じゃないぞ(笑)。

 

カーシェアリングがとても便利。タイムズカープラスを利用している

東京エリアに20年以上住んでいるのだが、自動車は所有したことはない。車に興味がないわけではない。飛車や香車には興味がある(笑)というのは冗談で、運転は好きだし、昨年までは実際にレンタカーを借りて近場に買い物にいったり、帰省していたりした。車を持つに至らなかったのは、購入費もさることながら維持費のコストパフォーマンスが今一つかなと思っていたからだった。駐車場代で東京だと月に2~3万円(年間24~36万円!)かかるし、自動車保険料で年間5~6万円はかかる。つまり合わせて年間30~40万円かかることになる。これにガソリン代も加算されるわけである。世の大人たにはどう考えているか分からないが、個人的な感覚からするとこれはさすがに高い。車の維持費にそれだけお金を使うのだったら、15万円ぐらいする本榧の超高級将棋盤を買ったほうが良い(買ってないけど)。

というわけで、昨年までは1~2か月に1回ぐらいレンタカーを利用していたのだが、レンタカー屋が遠かったり、申し込むときの手続きなど若干面倒に感じていた。あと長時間レンタカーを借りるのはいいのだけど、ちょっと家具屋や園芸屋にいきたいときとかは利用するのが億劫だった。

そして、2018年に入り、劇的な変化があった。カーシェアリングである。

カーシェアリングのタイムズカープラス

に入会したのだった。タイムズカープラスのサイトによると、カーシェアリングとは

自由で便利な新しい移動手段

「必要な時に自由にクルマを使える」。それがタイムズカープラスの考えるカーシェアリングです。予約した時間に会員カードをクルマにかざすと、あっという間にドアロックが解除されるので、日本全国のクルマを自由に利用できます。マイカー代わりにもタクシー代わりにもなる、自由で便利な新しい移動手段を存分に活用してみてください!

とのこと。タイムズの駐車場にカーシェアリング用の車が何台か置いてある。近くのタイムズの駐車場の車をあらかじめマイページから予約しておき、利用開始時間になるころにおもむろに車のところにいき、会員カードをかざすと車のドアが開き、あら驚き、その車が利用できる。24時間いつでも使え、予約した3分後には利用でき、ガソリン代や保険料はかからない(利用料金に含まれている)のだそうだ。さらに15分単位で使えるので、ちょっとホームセンターに買い物に、とかいうときに非常に便利である。

さらに、日本中のタイムズの駐車場にある(シェア用の)車が使える点がポイント。例えば電車で遠出して降りた駅にタイムズの駐車場があれば、そのシェアカーを利用してそのままドライブができるのだ。

先日は新宿から特急あずさ号に乗って甲府まで行き、そこから駅近のタイムズの駐車場にとことこ歩いていき、シェアカーに乗って諏訪湖までドライブしたのだった。

これからもカーシェアリングしていきたい。