歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【定跡】横歩取りを学ぶ(△3三角型)

飛車の横歩取りに対して、後手の最有力手は△3三角である。この形をみていこう。

ここで先手の対応としては、▲3六飛車と引くのか、青野流を目指して▲5八玉とするのか、2パターンがある。

パターン1: ▲3六飛

ここで先手の自然な手は、▲3六飛とひく一手である。▲3六飛のあとは△8四飛▲2六飛△2二銀▲8七歩からの△5二玉の流れが自然である。

この場面で先手は▲5八玉、▲6八玉、▲7七角の3つの手が有力だ。ここでそれぞれの定跡を学ぶのも勉強になるのだが、あまりパターンを増やしても覚えきれない。というわけで自分としては▲5八玉の手を学ぼうと思う。

玉が真ん中でバランスも素敵だ。その後、△7二銀▲3八金と進む。

とりあえずここまでを覚えよう。ただ、後手が△7二銀(→▲3八金)と進めずにいきなり飛車交換を挑んでくる場合もあるようで、これだから定跡というものは困ったものである。

 

パターン2: ▲5八玉

▲5八玉として青野流を目指す形だ。

 

kurakuen.hatenablog.com

 

【定跡】横歩取りを学ぶ

将棋ウォーズの戦術力が低い私は、先手のときに▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩と来たときの戦術が定まっていない。

こうやられたときの戦術を固めるのが今回のテーマである。おそらく▲2五歩とついて△8五歩▲7八金△3二金という形で横歩取りに持っていくのが良いのだろう。そして▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛となった後、おなじみの▲3四飛としたものが以下の図、ザ・横歩取りである。

 

飛車の居場所である2筋から3筋に移動、どうも落ち着かない飛車の位置である。田舎から出てきた飛車が銀座中央通り(2筋)を慣れない足取りで歩いていたのだが、何かの拍子にブランド店が居並ぶみゆき通り(3筋)に迷い込んでしまったような感じだ。田舎飛車のピンチ!

ここから後手はいくつかの対応がある。

その1: △3三角

いくつかの定跡書をみると、いちばん後手にとって良い形は△3三角であるようだ。

 

ブランド店が居並ぶみゆき通り(3筋)に迷い込んだ飛車に対して、どこぞの画廊からキレイ系のお姉さん角行が出てきて「絵を見ていきませんか」と対面で声を掛けられる図である。田舎飛車、絵を売られてしまうピンチ! いったん引くのか、キレイ系角行と対面したまま会話を続けるのか。

この△3三角の形を主に研究していこう。

 

kurakuen.hatenablog.com

その2: △3三桂

おいおい勉強していこう。

  

その3: △4一玉

おいおい勉強していこう。

 

 

2019年になった

2019年になった。

2016年秋に立てた目標では、2018年末には将棋ウォーズでアマ三段になっているはずだったが、未だ1級のままである。2017年の11月には初段に上がった。ここまでは良かったのだが、2018年の夏に1級に降級になってしまったのがイタかった。それからも調子は落ち続け、2019年元日時点で1級達成率45.4%(2926勝4021敗 勝率 .421)という落ちも落ちたりという成績だ。

将棋が弱くなっている感覚はないのだが、現実に将棋ウォーズの成績が落ちている。原因はわかっている。将棋ウォーズをやりっぱなしで、復習・反省をしないからだ。2019年は将棋ウォーズで対局したら必ず復習するようにしよう。あとはリアル大会にも足を運びたい。2018年には3勝賞をゲットした平塚七夕、朝日アマ予選、まぐろ将棋の三大会には何とか出場したいものだ。

将棋ウォーズは1級のままだが、ともあれ年は明けた。

あけまして、おめでとう。

 

【将棋x旅行】奈良の興福寺にいく(後編)

やってきました、興福寺。日本最古といわれる将棋の駒が出土したお寺である。その興福寺の伽藍のなかでまず向かったのが中金堂。和銅3年(710年)、平城遷都と同時に創建された、まさに遷都の象徴と言えるお堂だ。江戸時代の1717年に火災で焼失、そして今回、およそ300年ぶりに再建された。

さて中金堂のなかは撮影禁止ということだったので、諸尊の撮影はできなかったのだが、釈迦如来、薬王菩薩、薬上菩薩、吉祥天、大黒天と、四天王の多聞天持国天広目天増長天と9つの諸尊が並ぶ。9つ、といえば将棋の行列の数ではないか(たぶん関係ないが)。

中金堂を満喫したのち、五重塔を眺めながら国宝館に向かい、阿修羅像や千手観音像を鑑賞した。

さらにこの日、興福寺から奈良国立博物館に向かい、正倉院展を堪能したのだった。

 

奈良はすごい。

 

kurakuen.hatenablog.com

羽生竜王、通算タイトル100期なるか

竜王戦最終局。今日明日の対局で羽生竜王が通算タイトル100期を目指す。羽生竜王と広瀬八段が決戦。勝てば通算タイトル100期、負ければ無冠。平成最後の大一番。仕事でなければずっと観戦していたいところだ。

そういえば、八王子将棋クラブが年内に閉所するとのこと。八王子将棋クラブは、言わずと知れた、羽生竜王を育んだ将棋クラブ。寂しい限りだが、羽生竜王も今回の竜王戦に期するものがあるのではないかと思う。

さて、竜王戦は優勝すると賞金は4320万円らしい。すごい。私は青空将棋大会の3勝賞の商品券1000円というのがこれまでの最高賞金。

 

kurakuen.hatenablog.com

 

「今年の漢字」が決定。平成最後を飾る一文字は?

平成最後を飾る「今年の漢字」が決定する。

予想してみよう。

  • 「揺」 大阪や北海道で地震
  • 「天」 台風や猛暑など天候が荒れた一年
  • 「築」 築地市場さようなら

個人的な「今年の漢字」は、将棋ウォーズで降級してしまったので

  • 「降」

だろうか。いやまだ2018年は残っている。新年が来るまでに将棋ウォーズで再昇段したい。

 

今年の漢字」、結果は「災」だったようですね。

 

 

山手線、品川-田町間の新駅名は「高輪ゲートウェイ」になったが、何気に公募10位の「品田」がアツい

山手線の品川-田町間の新駅名が「高輪ゲートウェイ」になった。正直言って微妙な感じだ。その一方で、新駅名の公募結果の第10位が「品田」だったのには安らぎを得た。おそらく、品川と田町の間だからそれぞれの一文字目をくっつけて「品田」。芸も何もあったもんじゃない、しかし何だろうこの安心感、そしてアツさは。

「品田」の優位性は、この先どこに新駅ができても自動的に新駅名が決まることにある。田町と浜松町の間に新駅ができれば「田浜」、浜松町と新橋の間にできれば「浜新」、新橋と有楽町では「新有」。同様に「有東」、「東神」となる。

ここでやめることもできるのだが、続きを知りたくなった。続けてみよう。「神秋」「秋御」「御上」「上鶯」「鶯日」。結構かっこいいエリアになりそうだ。「日西」。結構ディープなエリアになりそうだ。「西田」。品田があると思えば西田もある。「田駒」「駒巣」「巣大」「大池」「池目」「目高」。めだかって。「高新」「新新」。きた、新新。「新代」「代原」。代々木上原かっ。「原渋」。何気にかっこいい。「渋恵」。場末のパブみたいだ。「恵目」「目五」。そんな駅名あるかっ。「五大」。五大陸みたいでちょっとかっこいい。「大品」。ようやく一周した。

渋めの「原渋」、斬新な「新新」が人気スポットとなりそうである。

(こんなことやって意味があったのだろうか、という疑問は置いておこう)