歩ぞろいの手駒たち

手持ちの資源で日々やっていく。将棋ウォーズは初段から降級の1級、再び目指せ将棋アマ初段!

【禁酒】会社帰りに一人でビールを飲む確率99.9%の夜、結果的に飲まなかったのでメモしておく

それは夏の暑さも和らぎ、街では長袖派の人が過半数を超えようとしていた日のことだった。会社を出てから「アルコールを飲む確率」が99.9%まで上がったが、結果的に飲まなかった。

いつも朝、会社に向かうときにこう思う、「今日は飲み会もないし、久しぶりにアルコールは抜きにしよう」と。この時点では飲む確率0%だと信じて疑っていない。そして、昼食時、13時ごろ。まだ「今日はアルコールは抜きにしよう」とおもっている。飲む確率0%だと信じて疑っていない。

そして日は傾く。16時ごろ、ふと思案すると「今日はどの店でビールを飲もう」に思考が変わっている。いつの間にか。そう、「アルコールを飲む確率」が99%に上がっているのである。そして、会社を出るとき、「アルコールを飲む確率」がさらに99.9%まで上がる。イチロー選手の守備率かと思わせる高い数値。

こんなことを15年ぐらい続けてきたように思う。ビールを飲まない日はほとんどない。ただ、その日は不思議なことに、結果的に飲まなかったのだ。夏の暑さが和らいだのが原因ではない。

その日、いつものように会社を出た。「今日はどの店でビールを飲もう」 と考えながら。ランチがボリューム満載のカツ定食だった。

ç»å

なので夜は軽くつまみながら飲めるところがいいな。あ、立ち食いの寿司屋に行こう。あそこは高くないし回転も速いからすぐに店に入れるだろう。そんなわけで、その立ち食いの寿司屋へ。店の前に先に一人並んでいた。最近はこの店は安くて旨い評判が立ったのか、混んでいる。なので一人しか並んでいないというのはどちらかといえばラッキーなことだ。迷いなく後ろに並んだ。この時点で「アルコールを飲む確率」は99.9%のまま。

事件いや事変はその時に起きた。時代の変曲点。店の中から店員が出てきて、待っていた二人(二人目は私)に水の入った紙コップを渡したのだった。えっと思ったが、お店は良かれと思ってそうしてくれたのだろう、「暑い中、待ってもらってありがとうございます」という意図で。そして水をもらえば飲んでしまうのが人間の性である、前に並んでいるひとも、そして私も水を飲んでしまった。

ああ、これから冷たい生ビールを飲むのに。そういう思いで水を飲んだら、体に急な変化が起こった。あるいは脳に変化が起こったのだろうか。体の奥からか、あるいは脳の奥からか言葉が聞こえてきた、、

「特にビール飲まなくてもいい…」

え、もう一度言ってくれ。

「特にビール飲まなくてもいい!」

本当か、自分よ。

席が空き、中に通された。職人に聞かれる。

「飲み物いかがしましょう?」

そして、小さいながらも体の奥から出る力強い声で答えた。

「お茶でお願いします」

そのようにして、ビールを飲む確率99.9%の夜、結果的に飲まなかったのだった。

 

【買い物】ガーミンのスマートウォッチ「ForeAthlete 245 Music」

GARMINのスマートウォッチとAmazon Musicが提携開始。Prime Musicにも対応」とのニュースが入った。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1202689.html

私の趣味は将棋。ただ、将棋だけだと地味すぎるので、人から趣味を聞かれたときは「マラソン」や「音楽鑑賞」もあわせて答えることにしている。そんなわけで音楽を聴きながらジョギングしたいと以前から思っていた。ただ、腕や腰やポケットにスマホを携えて走るのも少し億劫だった。そこにこのニュースが飛び込んできた。

ガーミンジャパンは、ウェアラブルバイスメーカーとして初めて、Amazonの音楽サービスであるAmazon Musicとの提携を22日から開始。Garminウォッチの一部対応機種とAmazon Musicとの連携が可能になり、Amazon Music会員であれば、ウォッチ端末内で楽曲やプレイリストを選んで再生したり、音楽のダウンロードもできる。

 さすがスマートウォッチ。

対応するGarminウォッチは、GPSランニングウォッチシリーズの「ForeAthlete 245 Music」、「ForeAthlete 945」、GPSスマートウォッチ「vivoactive 3 Music」。

GPSランニングウォッチシリーズで、値段が高くないほうの「ForeAthlete 245 Music」がターゲットだ。

Amazon Prime Music会員は、プレイリストやジャンル別のラジオ局を含む100万曲以上の楽曲から、Amazon Music Unlimited会員は人気アーティストの最新曲を含む6,500万曲以上の楽曲から、好みの音楽が楽しめる。 

ということなので、Amazon Prime Music会員の私は100万曲以上の楽曲から好みの音楽が楽しめるようだ。

安くない買い物なので、買うかどうかあと少しだけ検討しよう(と言いつつ、どの色にしようか迷っているというのもある)。

 

【香独のグルメ】大阪梅田「ミンガス」のカレー

将棋ウォーズは1級から一向に昇段しない。夏の間に初段になるはずが、あっというまに8月も下旬になった。夏の高校野球、甲子園大会も明日が決勝(星稜 vs 履正社)だ。時間はあっというまに過ぎる。食べ歩きでもして気を紛らわせていくしかない。基本一人で食べ歩くため「孤独のグルメ」なわけだが、漫画そのままのタイトルではどうかと思うので、「香独(こうどく)のグルメ」と名付けている。

さて今回は大阪梅田に進出。阪神梅田駅の改札のすぐそば、カレーの「ミンガス」である。その「ミンガス」で野菜カレー(760円)を注文(店の外にある券売機で食券を購入)。

ç»å

店に入ったのは午前11時前だったのだが、まだモーニングサービスの時間帯だったようで、1塁にみそ汁、2塁に温泉たまご、3塁に白菜ピクルスがついてきた。そしてホームベースの野菜カレー。色とりどりの野菜が守備位置についている。安定のおいしさ。濃厚ではあるがしつこくはない。さらに、うまいだけでなくタイミングを少し遅らせて辛さが口に広がるのが好き。腕の振りは直球と思いきや、ぴりりとブレーキがかかるチェンジアップだ。温泉たまごは試合の中盤にカレーの上に落とす。まろやかな味わいが加わって、あっというまに完食した。

高校野球観戦をするために梅田から甲子園まで向かうとき、「ミンガス」でしっかり腹ごしらえしていけば、夏の暑さにも負けないだろう。

kurakuen.hatenablog.com

【香独のグルメ】夏だ、カレーだ、「タイの食卓 クルン・サイアム GEMS神宮前店」でカレーを食べた

将棋ウォーズは1級から一向に昇段しないため、食べ歩きでもして気を紛らわせていくしかない。基本一人で食べ歩くため「孤独のグルメ」なわけだが、漫画そのままのタイトルではどうかと思うので、「香独(こうどく)のグルメ」と名付けている。

さて暑くなってきたときにはアジア料理が恋しくなる。タイ料理が食べたくなったときはこのお店「タイの食卓 クルン・サイアム」に行くことにしている。自由が丘にも2店舗ほどあるが、この日は「タイの食卓 クルン・サイアム GEMS神宮前店」に参上。

「パッポンカレー」をチョイス。 バンコクにある歓楽街「パッポン通り」と何か関係があるのだろうか??

ランチのときには生春巻きとスープがサービスで出てくる。このスープ、見た目より辛目なので要注意。といっても好きな辛さだ。注文するときに店員さんが「辛目にしますか普通にしますか」と尋ねてくれる。もちろん辛目にした。

ç»å

そして、パッポンカレー。こちらはタマゴのまろやかさが全面に出ているため、見た目ほどは辛くない。シーフード系の旨味も加わって安定のうまさだ。

ç»å

ごちそうさまでした。

そのうち同じく渋谷にある「タイ料理研究所」にも行きたい。

kurakuen.hatenablog.com

 

【将棋ウォーズ】ついに5000敗を喫す、そしていまだ1級のまま

将棋ウォーズでついに5000敗を喫した。3487勝5000敗。そしていまだ1級のまま。

f:id:kurakuen:20190811220549j:plain

しかし、後手番での勝率(.392)が悪すぎるな。。

 

【香独のグルメ】新橋のベトナム料理「ベトナム フロッグ 汐留店」でフォーとチャーハンのセット

この前の日曜日は将棋ウォーズが緊急メンテナンスで使えなかった時間が長かった。「半身もがれたようだ」とのツイートを見かけたが、まさに同感。再開したときには新鮮な気持ちで対局できたのだが、まただんだんと惰性で対局するようになってしまった。

その将棋ウォーズ、1級から一向に昇段しないため、食べ歩きでもして気を紛らわせていくしかない。基本一人で食べ歩くため「孤独のグルメ」なわけだが、漫画そのままのタイトルではどうかと思うので、「香独(こうどく)のグルメ」と名付けている。

さて暑くなってきたときにはアジア料理が恋しくなる。今回は「香独のグルメ」重点地区である新橋(から少し歩く汐留シティセンターB1)のベトナム料理屋「ベトナム フロッグ 汐留店」でランチ。店に入ると、店員も元気で、明るい雰囲気がいい。新橋の雑踏から、温かい風が吹き抜けるハノイの優雅な料理店に入ったかのようだ。

鶏肉のフォーとチャーハンのセットを注文。フォーはデフォルトはハーフサイズだが、どうやら無料で通常サイズにアップグレードできた模様。

画像

写真中央奥に輝くのは、幸せの象徴、別盛りのパクチーである。パクチー苦手、という人もたまにいるが、人生の左香一個分、損をしていると思う。さて、主役のフォーは薄味ながらも出汁がきいていて大変美味しい。チャーハンもエビが入っていて大満足。

さらに食後には急須に入ったお茶(ハス茶?ジャスミンティー?)が出てくる。これは豪華ランチ気分になれる。

この店は週1で来てもいいと思わせるレベル。次に来た時にはベトナム名物のつけ麺「ブンチャー」を食べてみたい。

 

kurakuen.hatenablog.com

【香独のグルメ】京都は烏丸御池のお店「夢処 漁師めし 雑魚や」で贅沢ランチ

将棋ウォーズ1級から一向に昇段しないため、食べ歩きでもして気を紛らわせていくしかない。基本一人で食べ歩くため「孤独のグルメ」なわけだが、漫画そのままのタイトルではどうかと思うので、「香独(こうどく)のグルメ」と名付けている。

さて今回は京都、烏丸御池のお店「夢処 漁師めし 雑魚や」でのランチ。いつもは行列ができているようなのだが、この日は時間をずらしたためか、並ばずに(といってもカウンターのラスト1席に)座ることができた。

f:id:kurakuen:20181109082226j:plain

この品数にはおそれいった。鯵のたたきの海鮮丼など、主役を張れるプレートが並ぶ。持ち駒をこれでもかと集める将棋初心者のような、駒台の賑わいだ。これはもう、夜だったらビールを注文するところだ。右中段にはうずらの卵。これは醤油とわさびを混ぜて、丼にかけるらしい。最後にお茶漬けを希望することができる。追加のごはんと出汁をもらえる。ゴマダレのかかった鯛を入れて鯛茶漬けにするのが良いらしい。

京都で食事するときは割高感があるのだが、このお店はコスパ抜群! また京都に来たら訪ねてみたい。

 

kurakuen.hatenablog.com